物販アフィリをしていると、まず商品が売れるかどうか、そこに焦点がいきがちです。

「アフィリエイトしている人の実に5%しか5000円以上を稼げていない」という状況の中では、確かに売れることが大問題ですよね。

 

確かにそこは大事です。

 

けれど山はもう一つありました。

「承認率」です。

 

私は、最初のうちは商品が売れたらすべて自分の利益になると思っていました。

けれど違うのです。

 

報酬が確定した後にさらに「承認」してもらわなければ実利益にならないのです。

 

これは違うASPですが、見てください。

 

案件、報酬価格は隠しました。右側をみるとキャンセルばかりです。つまり承認されなかった為、これらは報酬になりません。

 

このようなことがあって、やっと承認率の大事さが分かりました。

 

現在、何とか頑張って承認率を見る事ができるランクにたどりついています。

A8ですとゴールドランクからです。

 

色々な案件の承認率を見てみると驚きです。

低い案件が結構あります。50%以下なんでザラにあります。一桁台なんてのもあります。

10個売れたとしても1個分しか利益にならない。ショックですよね。

 

承認率は、「以前に購入したことがある人」や「本人のキャンセル」等は除外されることが多いので、承認されないという仕組みです。

 

それにしても承認率が1桁台というのはひどいと思いますけどね。

 

ppcアフィリエイトでは、商品の報酬額÷20程度を目安として入札価格で設定していると良く見ます。

本当に利益を出すなら、承認率も考慮にいれて入札価格を設定しなければなりません。

 

けれども。

ここからは私の想像ですが、PPCアフィリエイトをしていると、リスティング違反をして出稿している人を良く見かけます。そのような人は承認されにくい傾向にはあると思うので、その人達が全体の承認率を下げていて、真面目に出稿している人は高いかもしれません。

 

商品が売れることも大事ですが、承認率も大事であるという話でした。